ピザショップ店員の仕事はこういったことをする!

ピザショップ店員ではこのような作業をする。

ピザショップ店員の求人についてGCIJapanが取材!作業と特徴を知って、応募に役立てましょう! ピザショップ店員は、受注・製造・配達に大きく業務内容が分かれます。受注からお渡しまでの時間が決められていますので、作業はどれも時間との勝負。「丁寧に早く」が求められるお仕事です。

この職種で働いている人の声を聞いてみよう。

受注担当

仕事内容詳細

最近はネット受付も行っていますので、電話だけでなく、PCチェックも私の仕事となります。忙しい時には、両方の受注をまとめるだけでパニックになることも(笑)

製造担当

仕事内容詳細

当店では生地を伸ばすことから店内での作業になりますので、結構作業量多く、大変なんです。スムーズに作業が流れるよう、常に次の作業を考えながらこなしています。

配達担当

仕事内容詳細

バイトのない日でも、通行しやすい道について考えたり、階段を駆け上る練習をしたりなど、結構私生活がバイト一色になっていると感じる日々(笑)でもこのバイトをして7kgやせました!健康作りには最適かもしれません!

このピザショップ店員という仕事の中での、危険なこと。

受注担当はトラブルの起こりにくい箇所ですね。製造担当の方は、火傷に要注意です。気をつけているつもりでも、結構小さな火傷は頻繁に起こっていますので。そして配達担当の方は、時間を意識し過ぎるあまり事故を引き起こしてしまうという致命的な危険が。今回取材した店舗では、ドライバーに「時間はそんなに気にしなくてもいいから」と伝え、事故を防ぐ対策としているそうです。