デリバリースタッフの仕事はこういったことをする!

デリバリースタッフではこのような作業をする。

宅配ピザを筆頭に、ラーメン・弁当・寿司・ハンバーガーなどの出来立てメニューを、お客様の元へ届けるのが、デリバリースタッフの仕事です。基本的な流れとしては、配達先確認後、バイクやトライクに出来上がった料理を積んで出発。無事到着したら商品を渡して精算して店舗に帰還。そして新たな配達先の確認、という一連のルーティンを繰り返します。なお、昼下がりなど配達件数の少ない時間帯には、店舗のチラシをポスティングすることもあるそうですよ。

この職種で働いている人の声を聞いてみよう。

宅配弁当花菜

このお店が立地しているのが、徒歩で行くのにも苦労するほど複雑な道路のそば。そのため、新人研修はベテラン配達員が先導役となって配達するという方式になっていました。しっかり道路状況を把握するのにかなりの時間がかかりましたが、今ではスムーズにこの「難所」を攻略しています(笑)

バーガーショップジーゼ

私が勤務しているお店で働くのであれば、体力が必須です!お店があるエリアの道路は空いていて走りやすいのですが、バイクを降りてからはずっと階段を上り下り。しかも時間制限があるので常に走ることに。なので、持久力がないと1~2往復しただけでヘトヘトになってしまうことも……。

デリバリースタッフという仕事の中での、危険なこと。

宅配デリバリーの仕事は、常に事故の危険と隣り合わせです。しかしこの仕事は同時に「早さが命」の仕事でもあります。無論、交通ルールの遵守は絶対なので、それ以外の部分(出発準備の時短や別の道の利用など)で対策するしかありません。